【2020年5月②】TECL、CUREを約670ドル分購入

のんべすたー(飲んべえ投資家)です。

本日、中期投資の方針に基づいて、以下の銘柄を追加購入しました。

  • ヘルスケアセクター 3倍ブル レバレッジETF(CURE):約320ドル
  • テクノロジーセクター 3倍ブル レバレッジETF(TECL):約350ドル

今月2回目の購入となります。

株価の推移

TECL(テクノロジーセクター 3倍ブル レバレッジETF)

TECLは、テクノロジー・セレクト・セクター ・インデックスの日々の値動きの3倍に連動する成果を目指すレバレッジETFです。

株価は、200日移動平均に向けて上昇中です。

CURE(ヘルスケアセクター 3倍ブル レバレッジETF)

CUREは、ヘルスケア・セレクト・セクター ・インデックスの日々の値動きの3倍に連動する成果を目指すレバレッジETFです。

株価は、200日移動平均が上値抵抗線(レジスタンス・ライン)となって、横ばいに推移しています。

まとめ

今回は

  • ヘルスケアセクター 3倍ブル レバレッジETF(CURE)
  • テクノロジーセクター 3倍ブル レバレッジETF(TECL)

を約670ドル購入しました。

CURE・TECLは投資タイミングを分散しており、今月21日にも追加購入する予定です。

米国では、失業率が大恐慌以来の水準になる等、深刻な経済状況になっていますが、株高が進行しており、実体経済と金融市場が乖離するバブルが発生しそうな状況とも言われています。

一方で、二番底を警戒する論調もあります。

将来どうなるのか誰も見通せない中では、もっともらしい言説に惑わされて過度なリスクテイクやリスク回避をするのではなく、ルールに基づいて投資を続けるのが適切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。